学科は少ない

色鉛筆

絵を描くことを目的とした学科としては美術科やデザイン科がありますが、この学科そのものが数が少なくさらに本格的にイラストやマンガを科目として設けている学校はさらに少数になります。
設けている学科では総合的にクリエイターを目指すことを目的としており、キャラクターの描き方やストーリーの組み立て方、映像の作り方などを学ぶことになります。
設けている学科では総合的にクリエイターを目指すことを目的としており、キャラクターの描き方やストーリーの組み立て方、映像の作り方などを学ぶことになります。

広域通信制高校は本校が遠隔地にあっても全国に設けられたキャンパスに規定の日数通うことで高等学校卒業資格を取得できるようになっています。

専門学校と高校との違い


イラストやマンガを学ぶ学校といえば、1990年代頃から専門学校がありました。
これら専門学校では主にクリエイターを養成するために専用のカリキュラムで学ぶことになり講師にもプロが当たるなど極めて専門性の高いものとなっています。
特にクリエイターに求められるのは確実なスキルとセンスであり、これらを証明するような明確な資格などもないため、多くの場合には就職支援までを含めたサービスを行っているのが特徴です。
また在学期間も2年と短くなっています。
一方で一般の学校の場合には、あくまでも高等学校卒業を目指すことに重きが置かれているため、専門学校に比べてやや専門性に欠けるところがありますが、高等学校卒業資格を得られれば大学への進学が可能になります。

専門学校と高校との学費の違い


学費では、全日制高校では、普通科よりもやや割高になっており、年間約40万円ほどで3年で最低でも約120万円が必要になります。
また入学費として約20万円ほどが必要で、諸経費を考えれば約200万円ほどになります。
一方で通信制の場合には、学校によって変わってきますが、単位取得のために1万円ほどの費用がかかり、最低でも科目習得74単位+特別活動30単位の合計104単位となり、3年トータルで104万円が必要です。
入学費や試験もありますが全日制に比べて少しだけ安くなります。
これらの学校では国や自治体が行っている学費支援制度を受けられるので学費を押さえることが可能です。
また民間の専門学校の場合には、もっとも高く初年度だけで130万円近くかかり、また国や自治体が行っている学費支援制度を受けられないデメリットがあります。

オススメリンク

世界に配信される

一昔前には、マンガ作品と言えば雑誌や単行本を購入して読むのが一般的でした。
また、コミックイラストはライトノベルを読んだり、ゲームを購入する事で目にするものでした。
しかし近年ではインターネットに接続するだけでコミックイラストや漫画を無料で見る事ができるようになったのです。Read more

関連リンク

注目の記事

    世界に配信される

    一昔前には、マンガ作品と言えば雑誌や単行本を購入して読むのが一般的でした。また、コミックイラストはライトノベル...

    Readmore

    ネットを使って公開する時代

    現代では高校生が同人やインターネットを使って自分の作品を公開するのは一般的です。一方、そうした世界は安全性に気...

    Readmore

    サブカル文化の進展

    漫画やコミックイラストは、現代では私達の身近な場所に溢れています。一昔前には「オタク文化」と言われていたものが...

    Readmore

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930